0801弐209XX6オフィシャルサイト

公演日程

公演日程はまだありません。

プロフィール

0801209XX6

Vocal:ゆかり
Guitar:耶月
Guitar:颯希
Bass:Sakiya


詳細 >>

VISULOG

0801弐209XX6ブログ
visulog
ゆかり個人ブログ

詳細 >>

Twitter

2018.01.12 高田馬場AREA公演を以ちましてGAMEOVER-ガメオベラ-は解散致しました 多大なるご支援、応援ありがとうございました。 GAMEOVER    VOLTAGE ENTERPRISE https://t.co/uqJEbfFYw0
250日前

マルコメンバーがブログを更新! https://t.co/yXB5ES3jpl
262日前

篠突く雨 所属事務所[離籍]のお知らせです https://t.co/z4tWxcJgUk
287日前

RT @s_ame_official: 本日ベストアルバム「篠突く雨」発売日です! 本日主催公演より物販でも販売致します! https://t.co/uUYbLwjWVu
287日前

GAMEOVER-ガメオベラ- 12/16耶月セッション情報更新しました https://t.co/dzOaBlPxDu
312日前

192件中   13 - 15 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

さつきが1年を振り返って〜

あけましておめでとうございます!
2015年もゼロハチをお願いします!

さて、みなさんは2014年はどういう年でしたか?
俺は本当に濃い1年でした。
でも、毎年感じているのは色々と関わってもらっている関係者のみなさんに感謝感謝の年だったということです。
2014年もいろんな人たちにお世話になりました。
こういう性格なせいかバンドマン友だちも増え、先輩や後輩も増え、色んな人たちに支えられてるんだなって痛感しました。
夏には初広島、福岡に行き、一緒に回ってくれた人たちと仲良くなれていいツアーだったなと振り返ってます。
ゆかりさんが体調を崩し不安で仕方なかったけど、一緒に回ってくれた我ルさんに助けてもらえたり、ツアーファイナルはマルコの礼さんに助けてもらったり。
あのツアーファイナルの日は『雨の日。スコープから見たキミの笑顔。』を弾いているときに結構泣いてました笑
ゆかりさんの体調が不安っていうこともありましたが、こうやって支えてもらえていることに込み上げてくるものがありました。
こうやってガツガツ人脈を作ることを批判する人たちも中にはいるでしょう。
でも、俺はこれからもこのガツガツ仲良くなっていく性格を変えることはないと思います。
それはライブを見に来てくれるみんなにもいろんなバンドさんを知ってもらいたいし楽しんでもらいたいから。

そして、個人的に今までになかったこともありました。
ライブでも楽屋でもめっちゃ笑ってる俺が急に笑えなくなった時期があって…。
今まで素で笑っていたからなおさら不安になっちゃって。
自分でもよくわからなくなって、本当にあのときは焦りました。
正直、ライブで笑うことさえ怖くなるときがありました。
今日、笑ってなかったからつまらなかったって言われたらどうしよう…とか不安な気持ちもあったりしたけど、そういうときにツイッターでのコメントやファンメール、ファンレターに助けられました。
見に来ているみんなにも本当に支えてもらえてるって感じました。

遊影さんの一時離脱というのもありました。
でも、そのときもセラさんや後輩のたかひろに助けてもらってワンマンも無事に終えることができました。

至らなかったところばかりだったかもしれません。
でも、俺はゼロハチが大好きで今のメンバーと一緒にゼロハチっていうバンドをやることができていることに感謝です。
あきらさんにも本当にお世話になった年でした。
ボルテージに所属しているいろんな人たちに支えてもらえました。

俺の2014年を漢字で表すと間違いなく、

『感謝』

の言葉です。

今年はもっともっとみんなの笑顔をみれるように俺も思いっきり笑っていきます(*´ω`*)
こんなバカなさつきですが、今年もよろしくお願いします!

新年1発目はやづきさんのバースデーイベント!
楽しんでいこうね(*´ω`*)


2015-01-01 18:05:55投稿者 : ゆかり

2014.0801弐209XX6の12月

2014年のゼロハチが終わりました。この一年関わってくださったバンドさん、関係者の皆さん、スタッフさん、そしてファンのみんなありがとうございました。

過ぎてみたらあっという間だけど中々今年も濃い一年だったんじゃないかなと思います。

1月からのライブの内容を見ているとこのバンドさんとも一緒にやっていたんだとか色々と振り返っていました。
そこで俺達は何を残せてきたのでしょうか?

4月にベストアルバムのツアーがありましたね。
どれだけの人がゼロハチの過去の曲達に触れてくれたのでしょうか?

5月にワンマン公演がありました。
そこで俺達は何を掴めたのでしょうか?

7月にはゼロハチ史上初の長期ツアーに出ましたね。初広島に福岡。
ゼロハチを刻んでくる事が出来たのでしょうか?

夏は3マンイベント、9月はマルコが始動。

10月はレコーディング。

11月も怒濤のライブをさせて頂きました。

12月はミニアルバムリリース、リリースツアー、2デイズワンマン。


計58本。


俺達は何人の人に触れてもらえたのでしょう?何人の人にいいなって思ってもらえたんだろう?何人の人にないわーって思われたんだろう。


そればかり考えています。


いつも応援してくれるファンがいてくれる。一緒に熱いライブを作りあげる。それは勿論。でも、俺にはもっともっとライブへのバンドへの欲求があります。


だから、12月のライブ前に一時離脱をした彼の件で正直に言います。あれから完全に俺の心は折れています。


じゃー無理にライブをしたのか?それは違う。


折れたからこそ見えたもの、感じたものがあります。ライブというもの、バンドというもの、それを応援してくれるファンのみんなの事。すべて心が折れた状態で考えれた事で自分が求めているもの、伝えたい物が明確になったという感じがします。


最近のゆかり氏のライブを見て少し変化してる部分に気づいた人はいますか?


それが俺はめちゃくちゃ好きです。それもまた俺を動かしています。


決してやる気を無くしたんじゃないよ。


そして、俺達は今だって5人に戻る事を待ってる。それでも状況はわからないし、何の言葉ももらえない、時間が経てば経つ程どうしていいのかさえわからない。
彼を悪く言う訳じゃないけど、もし俺達の4人の夢や希望、そして覚悟を踏みにじる事になるなら俺は正直許す事が出来ないかもしれない。
彼を好きでいてくれたファンのみんなや五人を好きでいてくれた人には嫌われてしまうかもしれない。でも、それだけの覚悟を持ってバンドをしています。
遊びでやってる訳じゃないので・・・

まぁそういう人達がいてもいいとは思います。でも、俺はクソ真面目で何も知らないし、ライブが好きなだけなので・・・。
そして、それだけの愛があると言う事。


はい、長くなりましたけど本当に2014年のライブで一緒に遊んでくれたみんな、対バンして頂いたバンドさんありがとうございました。来年もまたどうぞ宜しくお願いします。
今年も沢山ゼロハチはいろんな人に助けてもらいました。感謝を忘れちゃ駄目ですね。当然だけどライブが出来てるのはメンバーの力だけじゃない。ありがとうございました。


楽しかった事も、つらかった事も、悲しかった事があるのが人生。


何をクヨクヨする必要がある?堂々と自信もって行きましょう。


と誰か俺にこれを言ってほしいです。笑。もっとビシッとした男になりたい・・・



それでは皆さんよいお年を。みーんな好きです。

オリジナル表示

P.S

ワンマンの時のメイクの話。

メイクに書かれた数字はよく見たら逆かもしれないけどあれは実は7です。どうしてって思うかもしれないけど、まぁ内緒です。笑。メンバーとみんなって事です。


2014-12-31 01:52:21投稿者 : sakiya

2014最後のゆかり

少し遅くなりましたが、27、28日と2DAYSワンマン遊びに来てくれた皆さんどうも
ありがとうでした
今まで沈黙と言うか、あえて自分の想いは書かなかったのですが
今日は2014年最後に書きたいと思います。
まずは、ワンマンのセットリストを載せます。

27日
1キャバクラ錠
2晴れの日
3携帯撲滅委員会
4鮪の憂鬱
5L.S.D
6室温13℃
7彼氏募集中
8パズルルーム
9君と過ごした三日間をダウンロード
10暴飲暴食
11それいけ!08君!!
12Ms red
13渋谷が大嫌いです。
14曇りの日に45口径の使い方
15終音クミ
16ファントムバイブレーション
17ダメージ
18雨の日
19絶望フェイス
20COLD CALL
EN
1 THE FIVE
EN2
1彼女募集中

28日
1L.S.D
2雨の日
3クリスマスケーキシンドローム
4はがない
5鮪の憂鬱
6晴れの日
7雪の日
8アンハッピークリスマスプレゼント
9神崎真琴
10アルフォンス
11ピーッと言う発信音の後に遺言をどうぞ。
12Ms red
13ケルベロス ドックス
14曇りの日
15キャバクラ錠
16THE FIVE
17絶望フェイス
18彼女募集中
EN
1ファントムバイブレーション
2コンプリートガチャ

と言うセットリストでワンマン終えました。
11月の最後に発表した通りに
ゆえが一時離脱した状態になり
ドラムが居なくなりました。
バンドにとってドラムは心臓であり、ドラムがないと
ライブもスタジオで練習も出来ないです。
そんな中
20曲を越える曲数にも関わらず、
快くサポートと引き受けてくれた、せら君、たかひろには感謝です。
なんとなく覚えてるではドラムは叩けず
その曲の構成をしっかり頭に入れないとドラムは叩けない。
20曲を越え、時間も限られてる中、かなり大変だったと思います。
それじゃなくても08の音楽は構成が複雑な曲が多いので
尚更覚えづらいと思うし、頑張って頂いて本当に2人には感謝です。

この12月はすごく激動の月でした。
ゆえが一時離脱により、予定してた事が中止になった事も正直多いです。
考えていた事が出来なかった事も多いです。
まずその一つとして、今回のワンマンは元々
40曲以上ある08の曲をこの二日間で全曲やると言う企画でした。
けれど、今回、全曲を演奏する事は不可能な状態で
実現はできずに
楽しみにしてた方には申し訳ないです。
ごめんなさい。

俺は先の事を考えて行動するタイプです。
なのでいつもその場ではなく先の事を考えて行動したり
その先を考えたりしてます。
でも今回は、先の事を一切考えてなかったです。
と言うよりも、なんとかしないといけない事が多すぎて
自分のキャパシティを超えてしまい、考える余裕が無かったのかも知れません。
今回ツアーそしてワンマンで
たくさんの方から手紙やファンメを頂きました。
みんなびっくりするぐらい、08に対しての気持ちを熱く書いてありました。
それを励みにこの激動の12月を突っ走ってきました。
この先08はどうなるんだろう?って
不安に思ってる子も多いと思います。
でもその不安な気持ちを手紙には書いてなくて
不安どころか、こんな所が好きだとか、この曲が好きだとか。
不安に思ってるはずなのに。
ライブが始まったらみんな
おもっきりの笑顔で楽しんでる姿を見せてくれて
27そして、28のライブをしながら俺はある事を思いました。
今年は俺にとっては激動の年だったと思う。
夏に大きな病気になったりとか
年初めの方で父親を亡くしたりとか。
少し前まではあんなに元気だった父が
病室でガリガリに痩せてて、苦しんでる姿を見たり
亡くなったその姿を見たり。
正直、すごく辛かった。
でもそんな時バンドに戻った時
みんなが気を使ってくれてるのは分かったけど
あいつらさ、いつもみたいに馬鹿みたいに騒いで
馬鹿みたいに俺に笑顔を見せてくれて。
あの時、すごくメンバーの笑顔に救われた。
そう言う事を大切と言うんだと知った。
俺は馬鹿だからさ、高価なものが大切とか
目に見えるものが大切だと思ってた。
けど、こんな奴らと出会えた事、音楽をやれてる事が奇跡だし
どんなに誰かに何か言われようと例え笑われても
こういう仲間がいる事、そういうのが大切だって
知ったんだ。
それをライブ中、思い出しました。
ツアーそしてワンマンの二日間みんなが見せてくれた笑顔が。
不安なのにそれを言わず、明るく見せてくれたみんなの姿が。
あの時、仲間達が俺にしてくれた姿にそっくりでした。

俺が救われたように、みんなが見せてくれた笑顔を
必要としてる人絶対に居ると思う。
たまに、自分は無価値な人間だとか、死にたいとか
ファンメを送ってくる子も居ます。
でも絶対それは違う。
その笑顔を必要としてる人が絶対どこかにいるし
もう見つけてる子もいるかも知れない。
どう考えても居ないって言う子が居たら
いくらでも俺たちが求めるよ。
俺たちが必要としてる。
そういうのを俺は伝えたい。そう思ってこの二日間ワンマンやりました。
それが上手く伝えられたかわからないけど
自分たちの力不足でもしかしたら伝わらなかったかも知れないけど
それでも俺は諦めずに伝え続けていくよ。
さっきも言ったけど不安に思ってる子居ると思う。
先の事を今は考えてなくて、今ワンマンを終え、やっと体を休められる状態になった。
これからゆっくり考えていくと思う。先の事。
色々な決断を迫られるのかも知れない、
嬉しい事が待ってるのかも知れないし、逆に涙する事が待ち受けているのかも知れない。
先にあるのが何だったとしても
08の音楽を愛してくれる子達と
メンバーが俺にとって大切である事は
変わらないし、誰にも変えれない事だし
誰にも奪えない事。
これだけは今はっきりと言える。
長々と書いてしまったけれど
2014年も後1日。
関わってくれた方々本当にありがとうでした。
来年もみんなの求める声を期待してる。
良いお年を!!


2014-12-31 01:19:43投稿者 : ゆかり
192件中   13 - 15 件表示 ( 全 64ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...